バイクの処分と手続きについて

バイクというものは手軽な足として人気がありますが、こういった乗り物に関しては乗らなくなった場合には所定の手続きが必要になります。

登録手続きとして個人情報が載っているのでそのまま廃車にすることが出来ないのは車と同じですが、バイクの場合には排気量によって手続きがまた違ってくるのが要注意点でしょう。

 

一般的な125㏄以下である原付バイクの場合には書類手続きだけで済むというのが特徴であり、各市町村の窓口で廃車手続きを行います。

この際にはナンバープレートを自分で外して持っていき、またナンバープレートを交付された際に貰った標識交付証明書と印鑑を持っていく必要があります。

 

125㏄以上の手続きは陸運局の窓口にて行うことになっており、バイク自体だけではなくさらには書類も増えてくるので注意してください。

これらの手続きなどにはさらに注意するべき点があり、それが自賠責保険の返還請求が期限によっては戻ってくる可能性があるので、そちらの手続きも忘れずにしましょう。

 

これらの手続きは車よりも簡単にできるものなので個人でやってもいいのですが、それでも手間が掛かると感じた場合には車やバイクの買取業者や買取店などに委託をするという手段もあります。

 

当然手数料などが掛かりますが、バイク自体の買取金額がそれなりにあればその手数料を差し引いてもお金が戻ってくる可能性があるので、買い取りサービスに出すというのもいいでしょう。

最近だとネットで一括見積もりサービスなどもあるのでこちらも活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です