車を処分するもっとも一般的な方法とは

車を処分する方法としてもっとも一般的な方法なのは、中古車の販売業者に買取って貰うという方法です。

というのもこの方法を使えば、車を処分する費用が必要ないだけではなく、買取時にお金を貰えるからです。

 

もっともあまりにも車の状態が悪くて業者が買取っても売り物にならないような車の場合には、処分することになるのでその分の費用が必要な場合もありますが、基本的には今動いている車の場合だとそういった心配はほとんどありません。

 

ただこの車の買取時には注意しなくていけないこともあり、それは買取業者によって査定額にかなりの開きが起きる可能性があるということです。

これは車に限らず中古品の市場全般にいえることなのですが、こういった中古市場にはだいたいの目安があるとはいえあくまでも目安にすぎないからです。

 

つまり買取業者によって、査定額がマイナスになるポイントやマイナス額が微妙に違ってくるのです。

 

いくら車が不要になるから手放すといっても、どうせなら少しでも高く買取って貰える業者に買取って欲しいというのが普通です。

そこで役に立つのが、中古車の無料査定になります。

 

この方法だとホームページなどから手軽に行えるので便利ですし、もう少し詳しく知りたいのならば、実際に業者に来てもらって査定してもらう方法もあります。

 

そうやって買取業者が決まれば、あとは実際に買取って貰うだけです。

廃車手続きなどの細かいことはだいたい業者が無料で代行してくれるので、任せておくだけで車を処分することができます。

車を処分する2つの方法

車を処分する際には大きく分けて2つの方法があります。

 

まだ、その車はちゃんと動く上に、見た目もそんなに問題ないというならば、車を売るべきでしょう。

一般的には、持っている車を売る前に査定をしてもらいます。

 

中古車ショップによって買い取り額はかなり変わってくることもあるので、色々な会社に査定依頼をしましょう。

ネットで一括査定もできるのですが、その際にはすぐに様々なディーラーから電話がきます。

 

中古車ショップに車を売る際には、自動車検査証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、振込口座の情報、そしてリサイクル券が必要になります。

 

流れとしては、ご自身で中古車ショップに申し込み、きちんとした査定をしてもらった上で入金、車の引き渡しとなります。

ちなみに、友人や知人などに車を売るとか、オークションに出品するという方法もあり、これらの方が手数料がかからない分、入ってくるお金は大きいです。

 

また、完全に廃車にしたいという場合もあります。

この場合、永久抹消登録申請書や、ナンバープレートなど、いくつかの書類が必要となります。

 

これらを用意した上で、運輸支局で廃車処分手続き(永久抹消手続き)をすることとなりますが、これはご自身でやっても良いですが、お店に行ってやってもらっても良いでしょう。

必要書類はお店に頼んだ方が用意するものは少ないので、手間などを考慮して、自身でやるか、お店でやるか決めましょう。

車の処分は、状態とタイミングが大切

車を処分するための手続きって、現在所有している状態とか、処分したい方法で違ってくるんですよね。

例えばディーラーから新車か中古車として購入したのなら、ディーラーに相談するのがいいと思います。

 

やはり車を扱う専門の方たちなので、面倒な手続きとか方法は、とても親切にしてくれます。個人的に一番安心して処分できる方法です。

 

次に買取業者に買い取ってもらう方法です。

こちらは売り買いを専門に扱う業者なので、ディーラーよりも高く買い取ってくれる可能性が高いです。

もちろん、車の専門業者ですから手続きも任せられます。

 

どちらの場合も、処分(廃車)か買い取りの希望を伝えましょう。

面倒な手続きも教えてくれますから、特に困ることはありませんよ。

 

ちなみに手放す時に、その車の状態で損をしたり得をしたりする場合があります。

 

それは車が車検を受ける前なのか、それとも後なのか、税金を払う前と後なのか、任意保険を更新する前と後なのか、などです。

車検をもうすぐ受ける状態なら、受けずに手放せばいいのですが、もし受けてしまってすぐなら、もったいないですよね。

 

手放す時にそのタイミングを把握しておきましょう。

できるだけ車検前に手放すのがいいですよ。

 

このように税金と任意保険も、できるだけ払う前に処分するようにしたほうがいいでしょう。

 

ただし、任意保険は引越し後に、もしも新しいクルマを購入する予定があるのなら、保険会社に手続きしてその差額を払うか、返ってくるので気にする必用はないですよ。

どちらにしろあまり難しい手続きはないので、これらのことを知って損のない処分をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です