私が都内で車を処分したときの話し。

都内で生活をしている時に、小さい車ですが個人で車を所有していました。

その後、結婚して、他県へ引越しをする事が決まった為に、車を手放す事になりました。

 

私が車を処分するさいに調べたことや、実践した事についてまとめたいと思います。

まず、第一にすべき事はその車がまだ走行できるのか?人に渡った時に部品の交換や修理程度でまた普通に走るので違ってきます。

 

まず、使い物にならない車を完全に処分する場合は、ディラーさんに処分代行の依頼をしたり、自動車ッ解体の会社に直接お願いするかのどちらかになります。

私の親族はディラーを通じで車を処分した事がありましたが、5万円程度の処分料金が発生したと聞きました。

 

次にできる事はカーネクストやハイシャル、廃車王などの、もう完全に必要がなく手放したいと思う人を対象にして車を引き取ってくれるところが、かなり沢山あります。

ネット検索でランキングなどもついているので業者選びの際は参考になります。

 

私がとった行動はディラーに下取りで乗らなくなった車を引き取ってもらい、その後、引越し先で車を購入をする時に、車を引き取り査定でわずかですが料金をつけてきれた所の支店で新しく車を購入をしたので、車の廃車料金も発生せずに、マイカーを処分する事が出来たので助かりました。

 

中には車検が切れていても、無料で引き取ってくれる業者もあるので、とにかく一社二社で決めず、納得の行く方法で時間をかけて調べてから処分する事をお勧めいたします。

私は解体業者にお願いしました

豪雪地帯の一人暮らしをしていた時、マイカー通勤をしていたので軽自動車を所有して乗っていたのですが、マンション暮らしの実家に戻る時に駐車代もかかるし、実家の周辺は利便性のある場所で、正社員から自転車通勤の非正規雇用社員に転職するため、維持費のかかる車を手放したことがあります。

 

私が乗っていた車は、私が一人暮らしをする際に母が乗っていた車を譲り受けたこともあり、かなり年数のたった車でしたし、週5日から6日は毎日1時間は乗り続けていたため、査定してもらっても値がつかないことは明確でした。

 

ダメもとで業者に一応査定してもらいましたが、案の定値はつかないと言われ、無料で処分してあげますと言われましたが、私がインターネットで事前に調べた情報で、解体業者に自ら持っていけば、金額は少ないけれど買い取ってもらえると記載されていたので、その場で断って、解体業者に持っていったら数万円で引き取ってもらうことができました。

 

私のように廃車専門の買い取り業者に持っていけば、廃車手続き無料で買い取ってくれるのでお得です。

 

車を処分する際に査定してもらうと、だいたいは無料で引き取ってくれるので、廃車専門の買い取り業者に持っていくのが面倒な人は、査定の際に引き取ってもらうと楽です。

 

車を処分する際に必要なものは、印鑑証明書や車検証やその他もろもろ書類を用意する必要があるので、こちらのほうが手間がかかります。

電話で業者に聞いてもいいですが、インターネットに詳しく詳細が載っているので、一度調べて確認しておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です